ソフトテニスのペアの決め方。三つのポイント!

最近ではシングルスの大会も行われるようになってきましたが、中体連の大会ではまだまだダブルスが中心です。

自分が良いプレーをしても、ペアがミスばかりしてしまえば、自分自身のやる気は下がってしまいます。

ソフトテニスでは、自分の実力はもちろんですが、誰とペアを組むかということが問題になります。ペアを決める際の3つのポイントについてです。

前衛と後衛の実力順で並べる

まず1番わかりやすいのは、前衛と後衛を実力順に並べてペアを組んでいく方法です。

つまり、1番上手な前衛と1番上手な後衛がペアを組みます。2番目以降のペアも実力順にペアを組んでいきます。前衛と後衛の実力を判断して、並べた順番で組んで行きますので、分かりやすく、誰もが納得しやすいです。

実力を判断するには、前衛はボレーやスマッシュの技術レベルを見ます。後衛であればフォアストロークやバックストロークで判断すれば良いと思います。

また、前衛後衛それぞれの技術だけでなく、サーブレシーブの技術も重要です。サーブレシーブは、前衛後衛に関わらず共通して必要な技術です。

ある選手の技術をボレーは8点、スマッシュは7点、サーブは8点、レシーブは7点の合計30点などと各技術を数値化した合計で客観的に判断して、順番をつけるのが良いと思います。

ペアの相性を見る

前衛の実力順、後衛の実力順でペアを決めていくと、実力が同じでどちらが上か判断に迷う場合があります。 このような場合はどうすれば良いのでしょうか。

実力が同じ場合は、ペアを入れ替えてみるという方法があります。 前衛と後衛のタイプはさまざまです。ガンガン攻める後衛と堅実な守りが得意な前衛は、相性が良いことがあります。

一方、ラリーを繋げるのが得意な後衛と積極的にボールを取りに行く前衛の相性が良いこともあります。

プレースタイルの相性については実際にペアを組んでみないと分からない事も多いです。ペアを入れ替えながらゲーム形式の練習を行い、相性を判断しながらペアを決めていきます。

選手にペア希望を聞く

上記の2つの方法でどうしてもペアが決められない時は、選手にペア希望を聞く方法も良いです。

顧問や外部コーチがふさわしいと思うペア以外を本人が希望することもあります。

ただし、本人の希望を最優先するのではなく、実力→ペアの相性→本人の希望という優先順位が前提で、最後の手段として聞くのが良いです。

なぜなら、本人の希望でペアを決めると第1希望のペアと組めない選手も出てくるからです。ある選手は希望通りのペアで、別の選手は希望ではないペアということになれば、希望が叶わなかった選手のモチベーションは下がります。

基本的には技術重視でペアを決定していかないと、選手に対して論理的な説明ができません。

また、選手の保護者からの意見をどうするかという問題もありますが、保護者の意見でペアを決める必要はないと考えます。

私も外部コーチとして誰と組んだら良いかと保護者から意見を求められることがあります。その時は、「誰と組んでも大丈夫なように自分の技術を高めましょう」と答えます。

自分の子供が少しでも実力のあるペアと組んで欲しいという保護者の気持ちは理解できます。

しかし、試合で戦うのは保護者ではなく、選手自身です。保護者が納得したペアではなく、選手が納得するペア決めをしなくてはなりません。

そのため、顧問の先生や外部コーチがペアを決めている学校は、なぜこの順番でこのペアなのかを選手たちに説明する必要があります。

選手がペア決めに納得しているのであれば、保護者からの不満も出てきません。

ペアの決め方についてのまとめ

ペアの決め方に正解はないかも知れませんが、少なくとも子どもたちに聞かれた際に説明できる方法でないといけません。

「声が出ているから1番手だ」「やる気があるから良いペアと組めるんだ」といった曖昧な説明ではなかなか選手は納得できません。

練習に取り組む姿勢だけで高く評価するのも良いかも知れませんが、それだけだと根性論になってしまいます。

技術の評価を中心に判断しながら、客観的かつ論理的に説明出来るペアの決め方が重要です。

 

スポンサーリンク
その他
ソフトテニス外部コーチの奮闘