ソフトテニス初!プロ選手が誕生しました!

スポンサーリンク

「ソフトテニスで収入を得る方法」という記事を書きましたが、令和元年となるこの春にソフトテニス界で新しい動きがありましたので触れておきます。

【祝】プロ選手の誕生

ソフトテニス初のプロプレイヤーへの転身を表明していた船水颯人選手がヨネックスとのスポンサー契約を発表しました。

引用:船水颯人twitter

実業団に所属しながらソフトテニスを続けている選手はいますが、 スポンサー契約をしてプロのソフトテニス選手として活動するのは船水選手が初めてとなります。

船水颯人選手とは

ソフトテニス界では知らない人はいないという位の有名人ですが、船水選手についてご紹介します。

1997年生まれ。青森県出身。小学生からソフトテニスを始めて、黒石中、東北高校、早稲田大学に進学。

国内の大会では、全日本シングルス優勝、天皇杯優勝、全日本インドア優勝、東京インドア優勝など国内の主要な大会を制覇しています。

日本代表選手として世界選手権、アジア選手権、アジア競技大会などの世界大会で活躍しています。

2019年3月に早稲田大学を卒業し、進路が注目されていましたが、2019年度よりヨネックスとスポンサー契約を結ぶと発表がありました。

スポンサー契約とは

ソフトテニスと比較されるプロのテニス選手にとってもスポンサー契約というのは重要な意味を持っています。

「ナイキにユニクロ、世界中転戦のテニス選手を支えるスポンサー契約金。」

上記の記事でも紹介されている通り、硬式テニスにおいても賞金だけでなくスポンサー料などを得ることで世界中を転戦しています。

ソフトテニスの大会では賞金が出る大会であっても数十万が上限です。ほとんどの大会は優勝しても賞金を得られるということはなく、賞金だけで生活をしていくのは困難です。

スポンサー契約を結ぶことで道具の提供、遠征費などの資金援助を得られることが予想されます。

また、ソフトテニス初のプロ選手ということでヨネックス社にとっては宣伝効果も大きいと思います。

船水選手が使用するラケット、シューズ、ウェアなどは中高生にとっては憧れの的となります。

ソフトテニス連盟の登録数の65%を占める中学生はソフトテニスメーカーにとって大きな顧客となります。スポンサー契約をしている船水選手の活躍は売上にも直結してくると思います。

今後の期待

初のプロ選手として活躍が期待される船水選手ですが、成功する要素も多いように思います。

まずは、圧倒的な実力と実績が挙げられます。大学卒業までに数々のタイトルを獲得してきましたので、今後益々の活躍が期待され将来有望な選手といえます。

また、写真でもわかるように船水選手はかなりのイケメンです。プレーではもちろんですが、マスコミ受けする容姿も重要な要素だと思います。

今後、船水選手の活躍から目が離せません。

スポンサーリンク
その他
ソフトテニス外部コーチの奮闘