Soft Tennis Festa 2021

コロナウイルスの流行に伴い、昨年度に引き続き残念なニュースです。「第32回都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会」が開催中止になりました。

参考:第32回都道府県対抗全日本中学生大会の開催中止について(日本ソフトテニス連盟)

例年3月末に開催される大会ですが、今年度は10月に中止の決定となりました。各都道府県の選抜チームが編成される前に昨年度より早い発表となりました。

コロナウイルスの感染状況も昨年度よりも悪化している中、毎年会場となっている三重県伊勢市も全国の選手や応援を受け入れるのは困難なのかも知れません。

スポンサーリンク

Soft Tennis Festa 2021

今年も都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会が中止になったことは残念ですが、昨年度と異なる動きがあります。

一般社団法人Well Trade Project W.A.K.Aさんが「Soft Tennis Festa 2021 令和 2 年度全国中学生ソフトテニス対抗戦」を企画しているようです。

参考:Soft Tennis Festa 2021 令和 2 年度全国中学生ソフトテニス対抗戦HP

開催要項を見ると都道府県対抗全日本中学生大会の代替大会というような位置づけです。出場選手も都道府県対抗全日本中学生大会参加レベルの選手が出場するようで、非常に楽しみです。

開催日時・場所

日時:2021年3月26日(金)〜28日(日)

場所:高岡スポーツコア(富山県高岡市二塚428-1)

種別:男子団体戦・女子団体戦

参考:Soft Tennis Festa 2021 令和2年度全国中学生ソフトテニス対抗戦実施要項

 

昨年度は、指導する中学生が都道府県対抗全日本中学生ソフトテニス大会に参加する予定でしたが、それが中止となりその後のモチベーションを保つの困難でした。

結局は全中も中止になり、令和2年度の大会はほとんど出場できないまま、部活動を引退して今は志望校合格へ向け受験勉強に取り組んでいます。

仕方ない状況ではありましたが、今年の中学3年生にとっては今年1年が勝負の年でした。今年の中学1年生と2年生にとっては少しでも参加できる全国規模の大会があることでモチベーションの向上になります。

まとめ

昨年度はコロナウイルスがどんなものか分からないので、とにかく一律に大会は中止という方針でした。

しかし、コロナウイルスがどんなものか分かり始め、正しく恐れ、必要な対策をするという流れに変わってきています。

コロナウイルスが無くなることはないのですから、ソフトテニスもコロナウイルスと付き合っていかなければなりません。

全国大会も一律に中止をするのではなく、Soft Tennis Festa 2021のように状況に応じて必要な対策を講じれば、開催ができるのではないでしょうか。

これから出場チームも決まってくると思うので、どんな大会になるのか今から楽しみです。

1日目の結果(R3.3.27追記)

2日目の結果(R3.3.28追記)