PR

プロ選手との共同開発ガット

先日、天皇杯・皇后杯が開催されました。動画で視聴しましたが、男女とも素晴らしい内容でした
特に男子の試合については、歴代の試合の中でも技術的・戦略的に高いレベルの試合であったように思いました。

残念ながら現地で観戦出来ませんでしたが、準決勝以上の観戦については、入場料が必要だったようです。
新しい取り組みでしたが、特別感が増し、試合の価値を上げるという点で評価できるのではないでしょうか。

第78回 天皇賜杯・皇后賜杯 全日本ソフトテニス選手権大会

こうした舞台で活躍する選手は、ソフトテニスプレーヤーにとっては憧れの存在です。プロ選手と開発したガットも発売されています。今回は5種類のガットを紹介します。

 

スポンサーリンク

ライジングストーム(船水選手との共同開発)

1つ目は船水プロとの共同開発であるライジングストームです。

RISINGSTORM / ライジングストーム
船水颯人プロ共同開発。「ゲームで勝つ」ことにこだわったハイエンドポリエステルガット。

船水選手といえばプロ宣言をし、ソフトテニス界の常識を覆してきた選手です。2023年の天皇杯でも決勝進出。長江・広岡ペアと素晴らしい試合を繰り広げました。

ポリアクションプロ(船水選手と共同開発)

2つ目はポリアクションプロです。こちらも船水プロとの共同開発ですが、メーカーはヨネックスです。

https://www.yonex.co.jp/sp/soft_tennis/strings/#polyaction_pro

 

ソニックブロー(上松選手との共同開発)

3つ目は上松選手との共同開発であるソニックブローです。

SONICBLOW / ソニックブロー
上松俊貴選手共同開発。「ゲームで勝つ」ことにこだわったハイエンドポリエステルガット。

上松選手は杭州アジア大会でも大活躍。団体、混合ダブルス、シングルスで3つの金メダルという前人未到の結果を残しました。

ゼノブリザード(上岡選手との共同開発)

4つ目はゼノブリザードです。上岡プロとの共同開発です。

XENOBLIZZARD / ゼノブリザード
上岡俊介プロ共同開発。トップ選手が求める「相手を追い詰めるボールの伸び」と「エースを量産するコントロール」を極限まで追求した、超攻撃型ハイエンドハイブリッドガット。

上岡プロは、2022年の天皇杯では準優勝、2023年は国体準優勝という日本のトッププレーヤーです

ブルズインパクト(丸山選手との共同開発)

5つ目はブルズインパクトです。丸山プロとの共同開発です。

BULLSIMPACT / ブルズインパクト
丸山海斗プロ共同開発。トップ選手が求める「相手を圧倒するパワー」と「ボールを自在に操るフィーリング」で攻め続ける、超攻撃型ハイエンドハイブリッドガット。

丸岡選手も上岡選手とペアを組み、各大会で活躍しています。左利きで非常に攻撃力なテニスをする選手です。

まとめ

ソフトテニスではガットのみが発売されていますが、他競技では○○選手モデルという道具も多く発売されています。

トッププレーヤーが使用している道具は、ソフトテニス競技者にとっては興味があり、同じものを使ってみたいという気持ちも理解できます。

今後はラケットやシューズも ○○選手モデルという流れが増えていくかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました