ショートボールを狙う

限られた大きさのコートで打ち合うソフトテニスでは、打つボールに長短をつけることで、相手を動かすことができます。

深いボールを打つだけでなく、短いショートボールを混ぜることで攻撃の幅が広がります。

以下の記事でも書いたように、コートを広く使い相手を動かすためのボールとしてショートボールを使います。

今回はショートボールについてです。

 

 

スポンサーリンク

ショートボールとは何か

ショートボールといっても単に短いボールを打つだけでは簡単に返球されてしまいます。相手が返球しづらく、返球できても厳しい体勢で返さなければいけない以下のボールが有効です。 

ネット近くのドライブボール

ショートボールは、出来るだけ短いボールが有効です。ネットの近くに落ちるボールを打ちます。

例えば、ショートクロスと呼ばれるドライブ回転のボールはレシーブで使う選手も多く、有効なショートボールです。

 

②ネット際に落とすツイストボール

ネット際のボールであっても高く弾んでしまえば、相手に高い打点から打たれてしまいます。弾まないボールが有効です。

弾まないようにボールに逆回転をかけて、ネット際を狙います。例えば、ツイストと呼ばれるボールが効果的です。

なぜショートボールが有効なのか 

同じ所に来るボールを返すのは難しくありません。試合を有利に進めるには、相手を1歩でも動かして打たせることが必要です。

そのためには、深いボール(ベースラインに近いボールやサイドラインに近いボール)を基本として短いボール(ネットに近いボール)を打つ必要があります。

例えば、ベースライン近くに深いボールを打つ選手に対し、相手選手は深いボールを警戒して、ベースラインより下がったところで待球姿勢を取ります。

この位置で構えている相手選手に対し、急に短いボールを打ったらどうでしょう。

打たれた選手はネット際に落ちたボールに向かって走ります。当然、ベースラインの後ろから走るので走る距離が長くなり、ボールに追いつけないかも知れません。

もし、ボールに追いついて返球できても、体勢が崩れて返したボールは絶好のチャンスボールとなります。

深いボールと短いボールの両方が打てれば、打てる範囲が広くなり、有利に試合を進められます。

ショートボールはずるい

相手が取れないような短いボールを打つと、ずるいと言ってくる子どもがいます。スポーツマンシップに反するということです。

ダブルフォワード対策!カットサーブの返球方法の記事でもふれましたが、ルール上問題がなければ、カットサーブも速いボールも遅いボールもシュートボールもロブも何でもありです。

ソフトテニスは相手と戦うスポーツです。相手の苦手なボールを考え、自分の得意なボールを考え、試合を有利に進めていきます。

ショートボールを多用することは卑怯ではありません。打たれて取れない選手は、どうすれば取れるのか考えなければいけません。

もし取れなかったボールを取れるようになれば、それは技術が身に付いたことになり、レベルアップしたことになります。

ショートボールの練習方法

では、ショートボールを習得するために有効な練習はなんでしょうか。それは、サービスライン内でのミニゲームです。

1ゲームマッチの短いゲーム数で通常の試合と同じルールで行います。ただ、サーブは強いサーブを打つと返球が難しいので、カットサーブのみ等の条件を決めます。

サービスライン内は狭いので、しっかりとしたドライブをかけて打たないとボールが飛びすぎてしまいます。コンパクトなスイングでドライブ回転を掛けることで、サービスライン内でもラリーが続きます。

また、ドライブ回転だけでなく、カットで返球するルールにしても面白いです。逆回転をかけて打たなければいけないツイストの練習になります。

レシーブで使ってみる

練習をしてショートボールの感覚が身についてきたら、すぐに試合で使ってみましょう。特に使いやすい場面は「レシーブ」です。

ファーストサーブを短く返すのは難しいので、セカンドサーブの時に挑戦します。

特に相手が深いボールを警戒して、ベースラインの後ろで構えているような状況で積極的にショートボールを狙っていきます。

ドライブ回転をかけたショートボールでも、逆回転をかけたツイストでも良いので、とにかく試合で使ってみることが重要です。

試合で実際に使うと甘いボールは相手に強打されてしまいます。どの程度のボールを打てば有効打になるか理解できます。

まとめ

ショートボールを身につけることで試合を有利に進めることができます。

深いボールで相手をコートから追い出し、次はネット前に出させるという戦い方ができるようになります。

ダブルスだけでなく、シングルスでもショートボールは非常に有効です。深いボールだけでは、攻め手がなくなってしまうので、ショートボールを混ぜて試合を組み立てていきます。

今までショートボールを狙って打ってこなかった選手は、ぜひ試合で取り入れてみて下さい。